seoの重要性

インターネットの利用率

インターネットの利用は、1世帯で1利用から今では一人1利用へと増加しおり、シニア層でも利用率が大きく伸びてきています。
ホームページを制作しインターネットで情報を公開することで、多くの人にその情報を発信することができます。
そして、公開したい情報を多くの人に見てもらうことにより、顧客集客の効果が上がります。更に、よりホームページ情報のニーズに合った顧客に多く検索されることで、集客率も確実にUPします。

日本人口に対するインターネット利用率

日本人口の、70%以上がインターネットを利用しています。
人口に対するインターネット利用率

日本1世帯のインターネット利用率

世帯別で見ると、90%以上がインターネットを利用しています。
1世帯インターネット利用率

日本の年齢別インターネット利用率

10代~50代でのインターネット利用者は80%以上で、60代でも6割を超えています。
年齢別インターネット利用率

インターネットの利用目的

店舗や企業情報閲覧、商品購入、情報収集等で多くインターネットが利用されています。
店舗情報や販売したい商品などをホームページで公開し、その目的にあったインターネット利用ユーザーに多く検索されることが、効果的に収益を上げることになります。
インターネット利用目的

検索サイトでの上位表示で集客率UP

ホームページを探すとき、80%以上が検索サイトを利用します。
しかし、今や数えきれないほどのホームページや情報サイトがあり、検索されたサイトをすべて閲覧することは不可能です。
ほとんどのユーザーは1~3ページまで閲覧すると、別のキーワードで再検索をかけます。そのため、ホームページを制作しても、数十番目、数百番目での表示順位では意味がありません。
そこで、SEO対策が必要となるのです。SEOで、あなたのホームページにあったキーワードでの検索表示順位を上げ、ニーズにあったユーザーの確保をすること、これが利益率あげることにつながります。

検索サイトの利用率

欧米での検索エンジンシェアはGoogle優位ですが、日本でのシェアは1位Yahoo、2位Googleで90%近くを占めています。
検索サイト利用率

ご依頼★業界実績15年 1歩先のSEOをプロデュース


ご質問はこちらからどうぞ!

全国対応いたしております。是非 ご活用下さい!!


スポンサード リンク