危険なSEO対策

他社でよくある“危険なSEO外部対策”に注意!

他社のサービスでこんな紹介見たことありませんか?
「悪質な手法や、疑わしい手法は一切使用せず、高度なSEO効果を目指した対策を行います。出どこが分からない外部リンクを購入したり価値の低いWebサイトから大量のリンクを張るなどの対策は行いません。」・・・
なぜこのようなことを書くのでしょうか。SEOを依頼するクライアントが一番気にするところだからです。検索エンジンでの結果を向上させることを目的に、他サイトからのリンクを購入、または自サイトからのリンクを販売等するリンクの売買(有料リンク)はスパムとされペナルティ対象なので危険だからです。そもそも、SEO業者に依頼し、自分のサイトに外部リンクを張ってもらって順位を上げる行為はリンクを有料で買っていることと同じです(有料リンク)。ですのでSEOの外部リンクの危険性を知ると、自分の大事なオリジナルサイトを危険にさらすことは怖くてできなくなります。

リンクを有償提供するサービスを「有料リンク(ペイドリンク)」といい、主要検索エンジンのガイドラインに反しており、Googleなどは明確に拒否姿勢をあらわにしています。スパムとして摘発されたサイトは、評価(ページランク)が著しく下落するというペナルティをもらい、場合によっては「インデックス削除」という、重いペナルティを与えられてしまいます。こうなってしまうと依頼したSEO業者が責任を取りきれる対応策はほぼ無く、新規ドメインを取得してイチから作成することになるでしょう。

スパムとは

スパムとは、悪質な手法でWEBサイトを上位表示させる事を意味します。 例えば、背景色と文字色を同一色にして、上位表示させたいキーワードを無数にWEBサイト内にバラまく、必要以上に不自然な相互リンクで被リンクを増やすなどです。 現在のSEO会社でこのような手段を用いている所は稀でが、一部スパム認定されかねないグレーラインでの上位表示をされる業者も存在します。 当社にも「突然YahooやGoogleの検索結果にWEBサイトが表示されなくなった!」という相談も多く寄せられます。

検索エンジン側のスパム対応

重いペナルティを与えられてしまいます。

[check] [インデックス削除]
検索エンジンからスパム認定されるとクローラーが巡回せず、検索エンジンの結果にでてきません。 その場合は検索エンジン側に問い合せてスパム箇所を修正しましょう。その後表示されるのは、早くて半年から1年はかかるといわれています。
[check] [順位急降下]
索エンジン側でのアルゴリズムの変化やスパム指定を受けますと、例えば3位だったサイトが400位に位置するなど、順位が一気に急降下します。 スパム原因を追求し、外部リンクを疑うことからはじめましょう。
[check] [ブラックリスト登録]
各検索エンジンは悪質で故意に検索結果を歪めるサイトをブラックリスト登録しています。 登録されたサイトは注意を向けられ通報が多ければ、結果表示から削除されます。

当社サービスは、このようにご依頼主がお持ちのホームページに、知らない外部リンクを勝手に張られることがないノーリクスが特徴。しかも成果報酬型なので超オススメです(^^♪


seoの重要性について続きをご覧ください。

ご依頼★業界実績15年 1歩先のSEOをプロデュース


ご質問はこちらからどうぞ!


全国対応いたしております。是非 ご活用下さい!!


スポンサード リンク